毎日の丁寧な歯磨きで、むし歯や歯周病を原因とする口臭は予防できます。ところが、口腔内の細菌が食べ物のカスなどを分解して不快な臭いをまき散らす口臭の対策としては不十分です。その口臭を防ぐには、エサとなる食べ物のカスを全くない状態に近づけることに加え、細菌自体の数を抑えることが重要です。

歯磨きで取り除ける細菌は一部にとどまります。なぜならその多くは歯の表面ではなく、歯と歯の隙間や歯周ポケット、舌に住みついているからです。歯ブラシだけでは充分に届かない細かい場所や、舌表面の隙間に細菌が隠れています。その細菌を少しでも減らし、お口全体の汚れをキレイにするために正しい対処方法を知る必要があります。現在、口臭対策アイテムの代表として、マウスウォッシュやスプレー、サプリタイプなど様々なアイテムが販売されています。このサイトでは、口臭のセルフチェック法や原因と予防法、歯周病との関係性やアイテムの選び方などを紹介します。