マウスウォッシュなら低刺激タイプが良い

アルコール入りは殺菌作用があるが刺激が強い

アルコールを含んだマウスウォッシュは、ピリピリとした刺激が強いため苦手と感じる方がいるかもしれません。なぜ刺激を強くしているかと言うと、マウスウォッシュに含まれている成分は、人間にとってまずいと感じさせる味だからです。アルコールを入れることで、その本来の味を隠そうとしているのです。

ところが、アルコールは口腔内の唾液を減少させてしまうので、逆に口臭の原因になってしまうこともあります。アルコール入りのマウスウォッシュを使用することで、しっかりとした殺菌効果は期待できますが、病原菌が口から体内に入ることを防いでくれる常在菌まで殺菌してしまう可能性があります。これでは、人間が本来持っている防衛機能が低下してしまいます。さらに、殺菌効果の高い商品を長期間使用すると、歯の表面を溶かしてしまったり、歯茎が炎症を起こすといったことも報告されているので注意が必要です。

低刺激で殺菌作用もあるものを選ぶ

マウスウォッシュの種類は豊富で迷ってしまいます。刺激が強いものを苦手な方もいれば、反対に刺激があるものがスッキリするから好きという方もいることでしょう。オーラルケアを長く続けるためには、自分に合った商品を選ぶことが大切です。使用した後の爽快感や味、その効果など、価格においても納得して使いたいものです。

ノンアルコールの低刺激タイプのメリットは、毎日使いやすいです。苦手なのに無理して刺激のあるタイプを使っていても、途中で挫折して継続されなければ意味がありません。 また、刺激に対して我慢ができずに口に含んだ後にきちんとしないままに吐き出してしまっては、充分な効果は得られません。口臭対策やむし歯・歯周病などを防ぐには、しっかりとしたケアを長く続けていくことがポイントです。低刺激タイプ(ノンアルコール)で殺菌作用のある商品ならば、どの世代でも抵抗なく継続して使っていくことができるでしょう。