実は歯周病も口臭の原因になる

歯の周りに炎症が起こるのが歯周病

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる歯肉の炎症性疾患です。歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞し、歯垢の蓄積や歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。ただし、痛みはほとんどの場合ありません。

そして、それが進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台の歯槽骨が溶けて歯がグラグラと動くようになり、最終的には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。現在では、歯周病の予防や治療も可能となっているので積極的に歯科医院でメンテナンスを行いましょう。また、ご自身で正しい歯ブラシの使い方でブラッシングを毎日実行し清潔な状態を保つことが大切です。

歯周病は歯垢(プラーク)という細菌によってかかる

口腔内にはおよそ300~500種類の細菌が常に住んでいます。普段あまり悪さをしませんが、毎日のブラッシングが充分でなかったり、甘いものの代表である砂糖を過剰に摂取することで細菌が繁殖してネバネバした物質を作り出し、歯の表面を汚していきます。

この汚れを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強いのでうがいをした程度では落ちない上、正しい歯ブラシの使い方でブラッシングをしないとすべては取れません。歯垢(プラーク)1mgの中には、10億個の細菌が住みついていると言われており、むし歯や歯周病を引き起こします。このプラークには歯周病を引き起こす細菌が繁殖していることが解明されています。

プラークは口臭を生むタンパク質と細菌の集まり

プラークは、剥がれ落ちたた粘膜のカスや唾液、食物のカスなどに含まれるタンパク質の集まりで構成されています。プラークとその中の細菌は、抗生物質などの薬では撃退、除去できない上に、身体の免疫細胞でも倒せないので、歯磨きによってプラークをしっかり除去しなければ、むし歯や歯周病を予防することはできません。さらに、口腔内にいる細菌によりタンパク質が分解・発酵される過程でガスを発生させます。これが口臭の元となり、ガスには主に次のような種類があると言われています。

  • メチルメルカプタン :たまねぎが腐ったような臭い
  • 硫化水素 :卵が腐ったような臭い
  • ジメチルサルファイド :キャベツが腐ったような臭い

どれも想像しただけで嫌な臭いがしてきそうだとわかるでしょう。やはり、マウスウォッシュでプラークを除去するのが一番簡単かもしれません。