医薬部外品のマウスウォッシュが一番おすすめ

サプリは根本的な解決にならない

口臭を別の香りで隠したり、食事に摂り入れて内側からキレイにすることを目的としたサプリがありますが、根本的な原因を取り除かなくては解決にはなりません。サプリは、あくまで不足した栄養を補助する食品であるということであり、口臭の原因であるタンパク質を除去できないので根本的に口臭対策アイテムとしてはおすすめしていません。さらに、実際どんな成分が配合されているか表示していない販売元があったり、その効果効能自体が疑われる成分も出回っているため、しっかり見極めることが必要です。

口臭対策アイテムとして基本になるのはマウスウォッシュです。マウスウォッシュを使用してタンパク質を除去してから、いつもより丁寧に歯磨きをすることが重要です。特に口臭が発生しやすい歯周病は、悪玉菌も多数存在します。身体に悪影響を与える口腔内細菌を確実に減らし、自らコントロールしましょう。そうすることで、口臭体質から抜け出すだけでなく、むし歯や歯周病の予防にもつながります。

薬用成分配合の医薬部外品が信頼できる

一般的には、マウスウォッシュと言われる製品には大きく分けて医薬部外品と、化粧品の2種類があります。おすすめとしては、マウスウォッシュは薬用成分配合されている医薬部外品を選ぶことです。なぜなら、医薬部外品とは厚生労働省が許可した有効成分が、一定の濃度で配合されているからです。治療というよりは、予防、衛生を目的に作られているため、その効果効能を信頼することができます。

医薬部外品のマウスウォッシュは、口内を殺菌する薬用効果がありますが、医薬部外品ではない化粧品には薬用成分が配合されていないため、一時的に口内を爽快にするだけの商品となってしまします。即効性を求めて化粧品を選ぶのも構いませんが、効果的な口臭予防アイテムとしては、厚生労働省が認可している医薬部外品を取り入れる方が結果につながるでしょう。様々な種類がありますので、用途や好みに合わせ日々のオーラルケアをしっかりと行いましょう。

【番外編】歯磨きは正しく磨いてこそ歯周病予防に有効

歯周病の原因となる歯垢は、活発に動き回る細菌の塊です。乳白色(歯とほぼ同じ色)で水に溶けにくく、歯の表面にしっかりと粘着しているため、うがいを行うだけでは簡単に取り除くことはできません。しっかりと歯ブラシで歯を磨き、この歯垢を取り除くことが大切です。

歯周病は細菌による感染症と言われています。まずは、原因菌を増やさないようにするため、効果的に殺菌する薬用成分が配合された歯磨き粉を選びましょう。さらに、歯ブラシは定期的に変え細かい部分まで磨ける状態にしましょう。歯周病の原因菌の生息場所は、歯周ポケット内です。初期の症状で、炎症が歯肉、歯茎に限られている歯肉炎の状態であれば、セルフケアによって元の健康な状態に戻すことが可能です。歯と歯茎の境目に歯ブラシを当て、きちんと毛先が当たっているか鏡で確認しながら意識して磨くようにしてみましょう。歯周ポケットが深くなってくると、セルフケアでは健康な状態には戻せません。定期的に歯科医院を受診し歯垢の除去をしてもらいましょう。